鼻うがいのメリット・デメリット

March 16, 2016

 

 最近、よく患者さんから「鼻うがい」について質問を受けます。

文字通り、鼻の中を”うがい”して洗浄する、という方法なんですね。

 

 外部から侵入した異物(ホコリ・花粉など)をブロックする、鼻腔に入ったウイルスを捕らえて感染を予防・阻止する、などの役割を持つ鼻。

その鼻の中をキレイにする目的で洗浄するんです。

 

 ただ、どんな方法にもメリット・デメリットがあるので、その部分を知った上でトライして欲しいのです。今回はそのお話し。

 

 

◎食塩水の作り方

  お湯(37度前後)1リットルに食塩9gを溶かします(濃度でいえば0.9%)。

  洗浄に用いる量は1度に約300ml程度でしょうか。

◎洗浄器具

  様々なものがありますが、どれも目的・使用方法はほぼ同じ。

◎洗浄方法

  「えー」と声を出しながら片方の鼻腔を洗浄

  洗浄液は同側もしくは対側の鼻孔、口から出てくる

 

<メリット>

・洗浄することで鼻腔内を清潔に保つことができる

・鼻粘膜を良い状態にすることで免疫機能を保持・向上させる

・結果、鼻づまり・鼻閉・後鼻漏(鼻がのどの流れ込む)などを軽減できる

 

<デメリット>

・温度・濃度が適切でないと、かえって炎症を起こしてしまう

・圧力が強すぎると中耳炎を起こすことがある

・洗浄後にキチンと鼻をかまないと耳・鼻・副鼻腔の炎症を起こすことがある

 =鼻をキチンとかめない人には無理

 

 

 もちろん、実際に炎症が起こっている時には洗浄はダメです。

調子が悪くなってから慌てて洗浄を、では遅いんですね。

要するに、「良い状態を保つために普段から行いましょう」ということなんです。

 

 同じ目的で「蒸気吸入」という方法もありますが、こちらも安全性も高くて安心かな、と思っています。

(鼻洗浄機器の販売会社さん、スミマセン)

 

Please reload

最新記事
Please reload

耳鼻咽喉科・アレルギー科 柴田クリニック    

    075-751-6600

606-8306    京都市左京区吉田中阿達町38-8

Copyright (c) 2016 Shibata-clinic All Rights Reserved.

2017年7月から休診日が木曜日になりました!