難聴は認知症の危険因子です!

June 1, 2016

 「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」というのをご存じですか?

”認知症に対する施策を総合的に推進する”ことを目的として平成23年に策定されたものです。

 

計画が動き出してから5年経ち、この度、「新オレンジプラン」が発表されたのですが、その中の7つの柱の1つである「2.認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供」の中に追加項目が。

 

それは、

<認知症の危険因子>の中で、

加齢、遺伝性のもの、高血圧、糖尿病、喫煙、頭部外傷、に続いて「難聴」が追加されたことです。

 

 これにより難聴の方の認知症発症予防のツールとして、また認知症発症後のリハビリテーションや周囲とのコミュニケーションを円滑に図るためのツールとして、補聴器の役割がクローズアップされるかもしれません。

 

外部からの音声刺激が少なければ、それに対する反応も鈍る。

連動する形で精神・身体の活動・機能が低下する可能性が高まる。

・・・、そりゃー、何とかしないといけません!

 

 超高齢化社会を迎える(迎えた?)日本、避けては通れない課題ですね。

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

耳鼻咽喉科・アレルギー科 柴田クリニック    

    075-751-6600

606-8306    京都市左京区吉田中阿達町38-8

Copyright (c) 2016 Shibata-clinic All Rights Reserved.

2017年7月から休診日が木曜日になりました!