危険な口内炎とは?

July 27, 2016

出典 www.daiichisankyo-hc.co.jp

 

 米粒半分ほどの大きさでも、口内炎の痛みは相当なものですよね。

増してや、それが繰り返し起こるとしたら・・・。

 

 今回は口内炎のお話。

難しく言うと、「口内炎」とは口の中や周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。

 

口内炎ができる原因としては、

1.体調不良、ストレスによる免疫力低下など

2.睡眠不足、栄養不足(主にビタミンB2)

3.義歯・飲食物などによる物理的刺激

4.ヘルペスウイルスなどの感染

 

ベースに口呼吸による口腔内乾燥があると、さらにリスクを高めてしまいます。

 

 いざ口内炎ができてしまったら、内服薬・軟膏・うがい薬などを用いて治癒促進をはかりますが、上記の1~3に関してはその原因を取り除かないと回復が遅れることになります。

 

 さて、今回のテーマでもある「危険な」口内炎の話に移ります。

みなさんに是非知っておいて欲しい、危険な口内炎です。

 

◎ 同じ場所に繰り返し起こる口内炎 ◎

 「いつも同じ場所にできる口内炎」は要注意です!

一番多いパターンは、歯が当たること、です。歯並びが悪かったり、生えている角度が悪かったり、歯が欠けていたり・・・。当たる場所は舌だったり、頬の粘膜だったりします。

同じ部位が繰り返し炎症を起こす状況が数年~十年単位で持続することで、炎症を起こしている部分の一部が癌化するケースがあるんです!

 

 他にも注意すべき色々な口内炎がありますが、まずはこれを知っておいて下さいね。

 

Please reload

最新記事
Please reload

耳鼻咽喉科・アレルギー科 柴田クリニック    

    075-751-6600

606-8306    京都市左京区吉田中阿達町38-8

Copyright (c) 2016 Shibata-clinic All Rights Reserved.

2017年7月から休診日が木曜日になりました!