2017年のスギ・ヒノキ花粉予測

October 2, 2016

 

2016年、関西地方でのスギ・ヒノキ花粉の飛散量は過去10年間の平均値の50%以下でした。

ということは、比較的症状が軽く済んだ方が多かったのではないでしょうか。

 

でも、どうやら来年は油断しない方が良さそうな感じなんです。

 

今回、10月1日に東京で行われた「Allergic Rhinitis Outlook 2017」に参加して、花粉研究の第一人者である永倉先生の分析による2017年花粉予測を拝聴してきました。

 

スギ・ヒノキの花粉飛散量は、主に前年夏の「平均気温」と「日照時間」によって左右されることが知られていますが、様々なデータを解析した結果、

 

2017年の花粉飛散量は…、

「過去10年間の平均値の1.8~2倍!」

「2016年の3~5倍!」

と予測されていました(関西地方)。

 

もちろん、花粉シーズンの気象条件によって変化する可能性がありますが、準備・予防を怠らないようにしたいですね。

Please reload

最新記事
Please reload

耳鼻咽喉科・アレルギー科 柴田クリニック    

    075-751-6600

606-8306    京都市左京区吉田中阿達町38-8

Copyright (c) 2016 Shibata-clinic All Rights Reserved.

2017年7月から休診日が木曜日になりました!