口呼吸をしちゃダメッ!


3月1日、「林修の今でしょ!講座」スーパー講師集結SPが放映されました。

その中の ②「呼吸の新事実!!」間違った呼吸で重病に

という部分で”口呼吸の弊害”について特集されています。

そもそも、人は鼻から呼吸するのが普通なのです。

鼻呼吸せずに口を開けて呼吸していると体を守る2つのフィルターの機能が低下する

、と説明されています。

2つのフィルターとは、

1.鼻毛

2.繊毛(せんもう)  です。

鼻毛の役割はご存じの通り「異物をブロックする」こと。

汚れた空気、花粉などもある程度ブロックしてくれるのです!

「吸入した空気を濾過してキレイにしてからのどに送る」なんて役目を果たしています。

もうひとつの繊毛は鼻からのどの粘膜に存在していて、吸された様々な異物(風邪やインフルエンザのウイルス等も)を洗い流すという役割を担っています。

 鼻から呼吸せずに口をポカーンと開けていると・・・、

◎ 鼻毛のブロック機能が生かされない

◎ のどの粘膜が乾燥することで繊毛機能が低下する

= 「免疫力が低下する」

結果として、

◎ 風邪やインフルエンザのウイルスを吸引しやすくなる

◎ 気管支炎・喘息の悪化を誘発する

◎ 睡眠中の呼吸も不安定になり、深い眠り(良い睡眠)を得られない

などの弊害が起きやすくなるのです!

 口を閉じたまま、何の問題もなく鼻呼吸できますか?

少しでも努力しなければ鼻呼吸がしにくい、なんて人は要注意ですよ!

#のどの話

131回の閲覧

耳鼻咽喉科・アレルギー科 柴田クリニック    

    075-751-6600

606-8306    京都市左京区吉田中阿達町38-8

Copyright (c) 2016 Shibata-clinic All Rights Reserved.